HOME > Guests Interview > ゆうせい&あけみ さん【福岡】

Guests Interview

一覧へ戻る

ゆうせい&あけみ さん【福岡】

どんなお仕事をされていますか?

立鮨『なかもと』店主


あなたの時計コレクションを教えてください。

【ゆうせいさん】
SEIKO(グランドセイコー1st)
SEIKO (キングセイコー1st)
SEIKO (ロードマーベル36000)
チュードル (ミニサブ)
TISSOT (PR100)
ハミルトン (ジャズマスターオートクロノ)

【あけみさん】
ハミルトン (ベントン ヴィンテージ)
カルティエ(タンクソロ)

どんなきっかけでヴィンテージウォッチを買おうと思いましたか?

最初はヴィンテージに限らずハミルトンの時計を探していたのですが、こちらのお店でヴィンテージハミルトンに出会いました。
【あけみさん】

単純にデザインが美しかったので…。
【ゆうせいさん】

当店を知ったきっかけは何ですか?

とある知人のイベント出店に伺った時に、REGALOさんも出店されていて知りました。
その時はまだ店舗がオープン前だったので、イベント時に見た時計がどうしても欲しくオープン初日に店舗まで買いに行ったのがきっかけです。

当店にご来店された時の印象や、サービスについて思った事などを教えてください。

ご夫婦お2人とも素敵で、時計の事を丁寧にお話して下さったのがすごく印象的でした。
あの日以来、時計屋はこのお店以外には行ってなく、本当に身近に無いと困るお店。
どんなにささいな事でも、親身に対応してくれるので、時計の修理も信頼して託せます。
【あけみさん】

セイコーについて店主に1時間以上レクチャーされました。
教えて頂いたおかげで今では私もすっかりセイコーファンです。
【ゆうせいさん】

撮影時の時計について、お気に入りポイントを教えてください。

文字盤がすごく見やすく、ベルトの色味も服と合わせ易いので、ほぼ毎日この時計を使っています。
【あけみさん】

こちらのキングセイコーはファーストモデルで、腕に付けると見えないのですが裏蓋の盾のマークが特に気に入っています。今は作られていない希少性も良いですね。
【ゆうせいさん】

あなたにとって時計はどんな存在ですか?

自分の人生を刻むもの。
【あけみさん】

職人の情熱と粋を感じるツール。
【ゆうせいさん】

お店からのコメント

私たちと同じ様に広島から福岡に移住されたゆうせい&あけみさん。
時計と和食で分野は違えども、いつも熱いお仕事の話をして下さるのが楽しみでもあります。
中洲川端の立鮨『なかもと』のオーナーご夫婦。
私たちもなかもとの大ファンでよくお世話になっています。

一覧へ戻る

Page top