HOME > BLOG > 修理 > ちょっと特殊な機械も何とか直りました!

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

ちょっと特殊な機械も何とか直りました!

顧客様からのご依頼で承った懐かしいスピードマスター。




これを見て「もしや!」と思えた方、
なかなかの時計通ですね!

自分でもすでに忘れていますが、
90年代頃に販売されたスピードマスターの「自動巻き」。
スピードマスターで自動巻きと言えば手巻きよりも小さいサイズが一般的ですが、
こちらは手巻きと同じケースサイズで、
さらに日付が付くちょっと特殊なもの。
間違いがなければフレデリックピゲベースのクロノグラフムーヴ。

フレデリックピゲと言えばパテックやオーデマでも使われる超薄型の機械。
多くは2針ですが一部クロノグラフなどもあり、
確かカルティエのCPCPで販売されたパシャにも、
このクロノグラフは使われていたと思います。

このモデルは白い文字盤にスチールブルーインデックス、
サファイアクリスタル風防など、
当時としては非常に珍しいスペック満載。
現行品では当たり前となった機能がたくさんありますが、
その先駆けとも言えるのがこちら。
白いスピードマスタープロフェッショナルはイタリア限定が有名ですが、
黒インデックスでホワイトゴールド製だったかな。
こちらの配色の方が今となっては時代を先取っていますね!

今回は20年以上オーバーホールしていないとのことで、
新品仕上げと一緒にご依頼いただきました。
20年間まともに動くのは本当に偶然なので、
クロノグラフだとできれば3年に一回はオーバーホールしてくださいね‼

奇跡的な話ですが今回は思ったよりも大きな修理にならず3番車のみ交換。
とは言え特殊ムーヴなのでパーツが手配できたことは良かったですが、
今後はどうなるのか分かりません。
しかし可能な限り対応はさせていただくので、
先ずはご相談を‼

ということで今回は…

オーバーホール¥44,000
新品仕上げ¥11,000
3番車交換¥8,800
合計¥63,800

これでまた長く使って頂けますね‼
次回のメンテナンスもしっかりとやらせて頂きます~!

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2021/12/22

遊びで時計を作ってみます。

気付けばコツコツと集まってしまったパーツたち。 ・足が曲がっていたタンクルイのボロボロの文字盤 ・クォーツ用の余ったブルー針 ・金が剥がれてダメージのあるケース ・パーツ用にストックしていた手巻きの...

続きを読む

2021/11/27

でも、直します‼

購入して頂いて数年。 オーバーホールの時期はずっと過ぎて、 時計そのものが動かない。 それでも原因を追究し動くように直します。 そういった修理をご依頼くださるお客様、 直してくださる職人さん...

続きを読む

2021/11/22

たかが「ネジ」一つですが...

当店に限らず多くの時計店ではオーバーホールを推奨します。 別に修理代で儲けようとかそういったつもりではなく、 純粋に時計を維持していく上で必ず必要だからです。 しかしオーバーホールと言っても、 中の...

続きを読む

2021/11/09

やはり修理は大事です!

時計に限らず「機械モノ」は、 定期的なメンテナンスが必要なことは過去ブログでも書いてきました。 車やバイクなどの安全が関わるものは「命に直結」するものなので、 メンテナンスの重要性は何となく分かると思...

続きを読む

2021/11/03

修理の様子がYouTubeにアップされました‼

先日行われたイベントは「時計のオーバーホール」を実演し、 同時に「べっぴん店」のYouTubeチャンネルにもライブ配信されました。 普段は目にすることのない時計のオーバーホールは、 想像されてい...

続きを読む

Page top