HOME > BLOG > ROLEX > 念願叶いようやく出会えました‼

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

念願叶いようやく出会えました‼

1950年代はロレックスの「北米仕様」と言われる、
通常モデルとは違うラインナップのアイテムが見られます。
ビッグオイスターと言われる大振りなノンデイトモデル、
そしてこちらのエアキングデイト。

長年追い求めていた時計の一つでもあり、
個人的にロレックスで最も好きなディティールを詰め込んだ時計。

この北米仕様モデルは60年代の前半まで製造されていたようですが、
生産が終わる頃の文字盤や針のデザインは基本的にバーインデックス。
なので50年代に見られるクサビやリーフ針などのディティールは、
実際の生産期間が5年前後と言ったところでしょうか?

こういうディティールが好きであれば、
機械にCal.1030以前を搭載したモデルを選べばいいのですが、
その辺の機械はなんせ壊れる。
そしてパーツ代が高い。
そういった実用性も加味すると、
ロレックスは1500番台の機械の方が安心感はありますね。

ちなみにこちらの機械はCal.1530ですが、
これにデイト機能を搭載しており、
日付の変わり方がデイトジャストのような「カシャン!」といった感じではなく、
オイスターデイトのように「ヌメ~」と変わります(笑)
こういうところも結構好きだったりします。

こういう時計は近年見る機会も減り、
一昔前のように細かいことを選ぶことはできなくなりました。
「時計を選ぶ」というより「時計に自分が選ばれる」といった感覚でしょうか。
これも時代でしょうし、
昔を知っていても感覚を現代に合わせないとなかなか買えない。

それは値段、タマ数、コンディション…
時代が変わるのと同じように、
個体そのものも変わっていく。
それと同時に自分も変わっていかないと、
本当に良いヴィンテージ品は手に入れられなくなってきています。

今回のエアキングデイトは金額だけで言えば安くありませんが、
内容を考えれば悪くないはず。
そういうのは個人的主観ですが、
「嫌なら買わない欲しいなら無理してでも買う」
こういうスタンスは時代が変わっても普遍的なのかもしれません。

度々言っておりますが「買わずに後悔するなら買って後悔しよう‼」
この時計はまさにその言葉が見事にハマる時計かもしれません。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2020/06/03

昨日出題した問題の解答です!

昨日インスタグラムへ投稿した問題の回答です。 こちらのパーペチュアルデイトの特徴は… ・各インデックスバーの中央に黒い装飾がある ・針の夜光部分が黒い ・インデックス外周回りに夜...

続きを読む

2019/03/29

忘れているのなら思い出させましょう...

本日入荷のロレックス・スピードキング。 ボーイズサイズのオイスターケースで手巻きと言えば、 やっぱりこの時計ですね‼ 男性はもちろん女性の方からの圧倒的な支持のあるロレックスの名作。 ヴィンテ...

続きを読む

Page top