HOME > BLOG > 修理 > 気持ちはよくわかります。

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

気持ちはよくわかります。

以前販売した時計の修理依頼で…




お気に入りの時計を傷つけてしまいケースには深い打痕が。
大切に使っているお気に入りだからこそキズは気になるもの。
もちろん修理はできるのですが、
「研磨=表面を削る」ことになるので、
個人的には「もったいない」と思うのです。

このキズの深さなら新品仕上げで十分綺麗にできるのですが、
18金素材は削った粉=砂金となるわけで、
それは作業の段階でお返しすることができないのと、
今回仕上げをして綺麗になっても、
また傷つけたら気になりますよね?
その度に新品仕上げをしていたらケースの形が変わります。

大切にしている気持ちは重々伝わりましたし、
そうやって大事にしてくれるお客様に時計を買って頂いたことは何よりも嬉しい。
でも不必要と判断した修理を行っても誰も喜びませんので、
今回の作業依頼はお断りし様子を見て頂くことになりました。

ウチのお店では外装の仕上げは持ち込みの修理で依頼があればやりますが、
販売した商品は仕上げを行っていたり、
ケースコンディションが良いものを販売しているので、
次回のオーバーホールのタイミングか、
その次のタイミングで新品仕上げを推奨しています。
時計の「キズ=愛着の深さ」と捉えてもらえると幸いです。

なので今回はお客様に説明し、
ご納得いただいて時計は返却しました。
こうやってちょっとしたことでご相談下さることも有難いことですし、
何より時計を大事にする気持ちをお持ちいただけて本当に良かった。

ウチで販売した時計は保証内外に関わらず全てしっかりとメンテナンスの対応をしております。
ウチのお店で「買って良かった」と思ってもらえるよう、
何かあればいつでもご相談くださいね~‼

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/10/18

思い入れがあるからこそ「修理したい」んです

今日は天気が悪い中、 広島のイベントで時計を買ってくださったお客様が来店。 こちらはご家族から引き継いだ古いオメガのシーマスター。 ある日、風防が外れた際に自分でとりあえず押し込んだそうですが...

続きを読む

2019/07/12

オーバーホールは「新品に戻す」ことではありません。

修理を担当してくださっている職人さんとの話の中で、 「そういえばオーバーホールって新品になるって思っている人多くないですか?」と聞くと、 「多分9割以上の人がそう思っているかも」そういった回答をされた...

続きを読む

2019/06/17

これぞ「感動」‼

かなり前にお預かりしたIWC・ポルトギーゼクロノの修理。 恐らく引っ掛けてリューズに巻芯が折れ込んだ状態で外れ、 さらにチューブも外れた状態。 チューブは外れただけで済んでいましたが、 この巻き...

続きを読む

2019/06/13

「サビ」はトモダチ(笑)

先日インスタグラムにアップした入荷時のサントスの様子。 初期型のサントスガルベやサントスオクタゴンはベゼルとケースを両ネジで留めた少し特殊な構造。 長年の汚れや垢が溜まりやすくネジがサビる...

続きを読む

2019/06/09

買って頂いた時計も持ち込みの修理もバッチリ!

時計の修理は時計を永く使う上で切っても切り離せない大切なもの。 どんなに高価な時計も安価な時計もメンテンナスが必ず必要です。 と、言ってもメンテナンスをしないからと言って目に見える症状が出るわけでもな...

続きを読む

Page top