HOME > BLOG > ファッション > 半年に一度のオーダーメイド

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

半年に一度のオーダーメイド

気付けば8着ほどになったオーダーメイドのスーツ。
「オーダー」と聞くと敷居が高く高価なものと思われがちですが、
スーツに関しては「どこまでやるか?」で値段はかなり変わります。
とは言えブランドスーツに比べればそれなりに作り込んでも可愛い値段です(笑)

今回も馴染みのテーラー「The My Way」の清水君にお願いして、
人生2回目となる「ダブルのスーツ」をお願いしました。




毎回ですが形やディティールそして素材にはこだわるのですが、
一貫して「無地」であること、
そして「グレー」か「ネイビー」のスーツしかお願いしません。
なぜなら柄物は今の気分だと思うので長く使うことを考えると難しい。
色に関しては黒いスーツを日常的に着るのは世界中でも日本くらい。
ビジネスマンの基本カラーはグレーかネイビーと相場は決まっています。
オーダーなので外はもちろん内側の素材も選べますが基本的には無地。
ボタンもボディカラーに合わせるのが自分流。

ただ今回は生地がとんでもなく良いんです。

今回はイギリスの「ホーランド&シェリー」社のメリノ。
とにかくキメが細やかで触り心地は気絶級。
一流ブランドがこの生地を使うとスーツで30万円以上はします。
以前はロロピアーナが安く手に入ったときにお願いしていましたが、
今回はこちらが安くゲットできたという情報が入りすぐにオーダー。
上下セットで12万円を切る値段で作ってくれましたが、
生地が残り僅かだからということでこのお値段。
常連さんのスペシャルプライスとのことなので次回は15万円はするかもしれません。
これも定期的にオーダーしている特権と思うと、
かなり嬉しい内容で仕上がりにも文句ナシ!

ちなみに自分がスーツを作る時は形やディテールは細かく…
というより考え抜いて毎回決まった形にしています。
肩幅や胸周りがあるのでイギリス型にするとかなり貫禄が出て厳つくなる。
なのでイタリア型にするとテーパードシルエットで体型にも合う。
でも生地をイタリアものにすると薄くて軽いのは良いですが丈夫さにイマイチ欠けるので、
イギリスや日本製の生地でお願いすることが多い。
とは言えここまで行き着くのに何度も相談をしてようやく辿り着きました。

「オーダースーツ」は最初ものすごく敷居が高く感じ、
もちろん値段だけで言えば決して安い買い物ではありません。
しかし昨今の日本のビジネスマンのスーツ姿は良くなってきたとはいえ、
安っぽさが抜けない量販スーツに溢れています。
だからと言って高価なものである必要はありませんが、
それなりにするには最低限の金額はかかります。
そこでとことん相談できるテーラーに出会えるのも運命みたいなもの。
なんだか時計みたいですね(笑)

ということで最初の一歩を踏み出せばこれから広がる世界はきっと別の世界になるはず。
何といってもスーツは男性の「戦闘服」とも言えますからね!
もちろん女性の方のオーダーも対応しているので、
先ずは相談されてみてはいかがでしょうか?

ちなみに一番お勧めしたいのは清水君と合作と言っても良いくらいこだわったシャツ。

こちらは素材が何と「ジャージ」素材なので伸縮性もあり、
着ていることを忘れるほどストレスフリー。
さらに洗濯機でも洗えるだけでなく型崩れもしない。
これをお互いの意見を出し合い形にしたので自分にとっても思い入れ深い。
ほぼ毎年お願いする一枚です!
シャツは消耗品とは言え安っぽすぎるシャツでは見栄えが悪い。
とは言え何万円もするシャツはコスパが悪すぎる。

こちらら15,000円ほどと少々お値段はしますが、
着たらまた欲しくなること間違いのないシャツで、
これ以外はもう着られなくなります(笑)
それくらいこだわったシャツなので値段は最終的に安く感じます。

世の中の物価が年々高くなりお財布には厳しい状況が続きますが、
だからと言って数千円ケチってダサくなるくらいなら、
無理して背伸びしてでもカッコつけたい。
男ってそういうものじゃないですか?
カジュアルにお金を掛けられることも素晴らしいですが、
やっぱり「スーツ姿」がカッコいい男性は同性からも本当にカッコいいもの。
「トレンド=流行=ながれていくもの」です。
本質的なものを考えれば「普遍的=スタイル」を持てるオトナこそ最高のオトナです。
つまりスーツ姿がカッコよくスタイルのある男性は「最高」となるわけですね。

これでまた一歩、最高に近づけた…ハズ‼

THE ROLLING STONES - 1968 - "Jumping Jack Flash" - (Video #1)


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/10/14

不定期に「革」について書いてみます

いきなり「何これ??」ですよね(笑) これは今日着用しているレザージャケットの「革」です。 常連さんはご存知ですが、 実は「革」に関してはそこそこ詳しいんです。 「革」というのは古来より人間の衣...

続きを読む

2019/10/11

この数年の定番

コツコツと集めてきたニットの季節が近づいてきました。 毎年安いニットを買い替えていましたが、 安いニットは毛玉になりやすく思いのほか手入れも大変。 それもあって少し奮発するものの&hellip...

続きを読む

2019/09/09

「ダブルエイチ」の靴を愛用する理由

10月からの消費増税は世の中的にも個人的にも痛い出費が増えます。 たかが2%とは言え積み重なれば結構な金額になる。 ということで増税前に買っておきたいものは買っておこうということで、 「ダブルエイチ」...

続きを読む

2019/08/30

死んでも欲しいものを買いました(笑)

昨日のブログとは関係ありませんが、 最近「死んでも欲しい」ものがあったので気合を入れて買いました‼ これ何だと思いますか? 実はこれスピーカーなんです‼ COTODAMAというスウェーデン?の...

続きを読む

2019/07/28

「持たない」という選択肢が間違い

先日、広島から来られた顧客様と一緒に天神界隈を散策してきました。 「ファッション」が好きな方なので色々なお店を回りながら話が盛り上がり、 久しぶりに話応えのある会話をした気がしました。 年齢は少し上の...

続きを読む

Page top