HOME > BLOG > 修理 > これぞ「感動」‼

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

これぞ「感動」‼

かなり前にお預かりしたIWC・ポルトギーゼクロノの修理。



恐らく引っ掛けてリューズに巻芯が折れ込んだ状態で外れ、
さらにチューブも外れた状態。
チューブは外れただけで済んでいましたが、
この巻き芯が折れ込んだリューズはかなり厄介。
というより基本的にリューズ交換をします…

が、過去のブログでも書いた通り外装パーツはほとんど手配できません。
そうなるとメーカー修理になるのですがこの状態だと恐らくケース交換も必須。
修理の総額は推定35万円くらいかな?
時計一本買えちゃいますね。

今回はダメ元で職人さんにお願いしたところ、
「一先ずリューズを探すので見つからなかったらそれから考えます」とのこと。
まぁ探しても見つからないのがこういうブランドのパーツ。
あれば奇跡だけど基本的にないのでリューズは無い方向で修理を考えます。

今回のネックは「リューズに埋まった巻芯」。
それ以外は正直なところどうにでもなる…
と思って機械を見るとローターやゼンマイなど調整が必要な部分が多い。
これがバルジュー7750ベースなのでどうにかはなるものの、
問題のリューズはどうしよう…?
そこで考えてもどうにもならないのでリューズから折れ込んだ巻芯を抜くことにしました。

実はこの作業の大変なところが巻芯の穴の直径は約1.5ミリ。
そこからネジ抜きをすると穴が割れる可能性が高い。
なので専門の職人さんに依頼することに。
確認すると作業は可能とのこと。

それぞれの職人さんたちが丁寧に作業するので時間はかかります。
しかしメーカーでない自分たちがやるのでそこは仕方がない。
使えるパーツを安易に交換するメーカーとは違うのが、
ウチのような時計屋さんの修理作業というもの。

今回の作業内容は
オーバーホール¥40,000
リューズのネジ抜き¥20,000
巻き芯取付¥4,000
ローターのガタつき調整¥3,000
ヒゲゼンマイ調整¥3,000
チューブ取り付けサービス
各種消費税
合計¥75,600

仕上がったのがコチラ



バッチリ元通り‼
今回は無理だと思っていた修理が完了して、
妙に嬉しく思うのは自分だけではないはず。



普通は合わせで社外のリューズになることが多い修理内容ですが、
元々使用していたリューズが使えるようになったのは、
感動としか言いようがありません。
これでまた長く使えますね‼

今回は奇跡的に修理ができたので、
他の案件でも同じ対応ができるかどうかは別。
しかしダメ元でも相談しないことには始まらない。
壊れたままで眠っている時計があれば先ずはご相談を‼

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/06/13

「サビ」はトモダチ(笑)

先日インスタグラムにアップした入荷時のサントスの様子。 初期型のサントスガルベやサントスオクタゴンはベゼルとケースを両ネジで留めた少し特殊な構造。 長年の汚れや垢が溜まりやすくネジがサビる...

続きを読む

2019/06/09

買って頂いた時計も持ち込みの修理もバッチリ!

時計の修理は時計を永く使う上で切っても切り離せない大切なもの。 どんなに高価な時計も安価な時計もメンテンナスが必ず必要です。 と、言ってもメンテナンスをしないからと言って目に見える症状が出るわけでもな...

続きを読む

2019/06/01

ちょっと珍しい時計の修理

先日お預かりしたユニバーサルの時計の機械が… 小型のローターが付いた「マイクロローター」と呼ばれる自動巻きの時計。 左側のゴールドの丸形のものがローターです。 古い時計は薄型、小...

続きを読む

2019/05/29

「感動する対応」について

先ずは他のお店で散々断られたIWCの修理。 リューズに巻芯が埋まり込んでチューブも外れた模様。 何かにぶつけたであろう強い衝撃があったと思われます。 内部もローター芯などにガタつきあり。 ウチで...

続きを読む

2019/05/12

修理はまさに「ジャンケン」の世界

先日お預かりしたカルティエの修理。 お持ち込みいただく前にブレスレットから革ベルトに交換したのですが、 その際に時間を合わせようと思いリューズを引くと… 「秒針が止まらない」 その...

続きを読む

Page top