HOME > BLOG > 修理 > どうやっても直せます

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

どうやっても直せます

先日お預かりしたロレックス。



写真の通りサファイアクリスタルのガラスがバックリ割れています、
そう、サファイアクリスタルは「キズが入らない」「割れない」わけではなく、
「キズが入りにくい」「割れにくい」んです。
硬いが故、当たり所などが悪ければこうなるのですが、
これがロレックスだからまだ何とかなります。

ロレックスは人気がある時計ブランドなので旧型は社外パーツがたくさん出回っています。
パッキン、風防、チューブ、針、ベゼルステッカー、ゼンマイなどなど、
補修パーツとしてたくさん出回っているのもロレックスの魅力の一つ。
「社外のパーツを取り付けたらロレックスで修理ができなくなる」
それは完全な正解ではありません。
過去にシードウェラーをロレックスに修理を出す際、
ガラス、ガラスパッキン、ベゼルステッカーを社外品にしましたが問題なく交換もされませんでした。

今回はガラス交換も含めたオーバーホールに加え、
文字盤の交換もしたいとのことで希望される文字盤を探してみました。



文字盤は中古品で見つけましたがインデックスはゴールドになるので、
針も探さないといけませんが針ならどうにでもなるほど山ほど持っています(笑)
ただその中から適合するものを探さないといけないので大変ですが…。
本来であればシルバーインデックスの方が自然な組み合わせですが、
80年代ごろまでヨーロッパ方面で販売されるロレックスは、
ステンレスのケースにゴールドのインデックスも選べたとか。
時々ヴィンテージのロレックスで見かける組み合わせですね!

これから外装も含め見積もりとなりますがロレックスであればこの状態でも直せます。
そういう部分でのブランドの強みがあることはユーザーにとっても良いこと。
外装は使い込まれた感じがしますが、
20年近くオーバーホールしていなくても何とかなる…はず。




とは言え大きな修理にならないように定期的に3~5年に一度はメンテナンスが必要。
新品時から比べるとパーツも痛んでいますので早め早めに修理出しすることをお勧めします。
さて、こちらもこれからバッチリ仕上げますのでまたご報告します~‼

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/10/18

思い入れがあるからこそ「修理したい」んです

今日は天気が悪い中、 広島のイベントで時計を買ってくださったお客様が来店。 こちらはご家族から引き継いだ古いオメガのシーマスター。 ある日、風防が外れた際に自分でとりあえず押し込んだそうですが...

続きを読む

2019/07/12

オーバーホールは「新品に戻す」ことではありません。

修理を担当してくださっている職人さんとの話の中で、 「そういえばオーバーホールって新品になるって思っている人多くないですか?」と聞くと、 「多分9割以上の人がそう思っているかも」そういった回答をされた...

続きを読む

2019/06/17

これぞ「感動」‼

かなり前にお預かりしたIWC・ポルトギーゼクロノの修理。 恐らく引っ掛けてリューズに巻芯が折れ込んだ状態で外れ、 さらにチューブも外れた状態。 チューブは外れただけで済んでいましたが、 この巻き...

続きを読む

2019/06/13

「サビ」はトモダチ(笑)

先日インスタグラムにアップした入荷時のサントスの様子。 初期型のサントスガルベやサントスオクタゴンはベゼルとケースを両ネジで留めた少し特殊な構造。 長年の汚れや垢が溜まりやすくネジがサビる...

続きを読む

2019/06/09

買って頂いた時計も持ち込みの修理もバッチリ!

時計の修理は時計を永く使う上で切っても切り離せない大切なもの。 どんなに高価な時計も安価な時計もメンテンナスが必ず必要です。 と、言ってもメンテナンスをしないからと言って目に見える症状が出るわけでもな...

続きを読む

Page top