HOME > BLOG > 修理 > どうやっても直せます

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

どうやっても直せます

先日お預かりしたロレックス。



写真の通りサファイアクリスタルのガラスがバックリ割れています、
そう、サファイアクリスタルは「キズが入らない」「割れない」わけではなく、
「キズが入りにくい」「割れにくい」んです。
硬いが故、当たり所などが悪ければこうなるのですが、
これがロレックスだからまだ何とかなります。

ロレックスは人気がある時計ブランドなので旧型は社外パーツがたくさん出回っています。
パッキン、風防、チューブ、針、ベゼルステッカー、ゼンマイなどなど、
補修パーツとしてたくさん出回っているのもロレックスの魅力の一つ。
「社外のパーツを取り付けたらロレックスで修理ができなくなる」
それは完全な正解ではありません。
過去にシードウェラーをロレックスに修理を出す際、
ガラス、ガラスパッキン、ベゼルステッカーを社外品にしましたが問題なく交換もされませんでした。

今回はガラス交換も含めたオーバーホールに加え、
文字盤の交換もしたいとのことで希望される文字盤を探してみました。



文字盤は中古品で見つけましたがインデックスはゴールドになるので、
針も探さないといけませんが針ならどうにでもなるほど山ほど持っています(笑)
ただその中から適合するものを探さないといけないので大変ですが…。
本来であればシルバーインデックスの方が自然な組み合わせですが、
80年代ごろまでヨーロッパ方面で販売されるロレックスは、
ステンレスのケースにゴールドのインデックスも選べたとか。
時々ヴィンテージのロレックスで見かける組み合わせですね!

これから外装も含め見積もりとなりますがロレックスであればこの状態でも直せます。
そういう部分でのブランドの強みがあることはユーザーにとっても良いこと。
外装は使い込まれた感じがしますが、
20年近くオーバーホールしていなくても何とかなる…はず。




とは言え大きな修理にならないように定期的に3~5年に一度はメンテナンスが必要。
新品時から比べるとパーツも痛んでいますので早め早めに修理出しすることをお勧めします。
さて、こちらもこれからバッチリ仕上げますのでまたご報告します~‼

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/02/28

遠く離れても

ここ最近、広島の頃からのお客様からの修理依頼を頂きます。 当たり前の話ですが広島に時計の修理ができるお店が無いわけではありません。 それにも関わらず当店にご依頼くださることは本当に嬉しいことです‼ ...

続きを読む

2019/02/21

こんなこともあります

インデックスの構造上、 外部の衝撃が加わると外れることもありますが、 接着が弱くても外れてしまうのです。 アップライトや植字と言われるタイプのインデックスは、 裏側を見ると小さくて細い足があり、...

続きを読む

2019/02/16

1930年代の時計でチャレンジ

先日入手した1930年代のオメガの時計。 この年代らしいボーイズサイズくらいの小振りなケースに、 文字盤は陶器で造られ針は青焼きのスチール針。 まさにザ・アンティーク時計といった雰囲気です。 ...

続きを読む

2019/02/13

時計を買うときは必ず「修理代」を確認してください

先日お預かりしたIWCポルトギーゼラトラパンテのオーバーホール。 今回はリューズに巻き芯が折れ込んでおり、 リューズと巻き芯の交換が必要でしたが… 結論、 「修理不可」です。 ...

続きを読む

2019/02/08

持込の修理も喜んで~

今回は顧客様からの依頼で他店で購入された時計の修理。 状態は… 要オーバーホール、要ベルト交換、ケースの変色、ガラス外れ。 まぁ健全な状態ではないですね。 外装をキレイにするため...

続きを読む

Page top