HOME > BLOG > 修理 > 約20年間オーバーホールしていません

BLOG

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

約20年間オーバーホールしていません

先日お預かりしてオーバーホールが完了したパネライの時計。




製造は99年頃のものとなるので、
約20年間オーバーホールしていない時計です。

時計は個体によって変わりますが、
10年以上オーバーホールしなくても動くこともあるし、
時に狂わなかったりするのでなかなかメンテンナンスに出すタイミングがわかりにくい。
中の機械は油が切れて無理矢理動いている状態なので、
あまり良い状態とは言えません。
油が切れて動かしたら白煙が出たりすればわかるのでしょうけど(笑)

今回はオーバーホールと新品仕上げ、ベルト交換の依頼を頂きまして、
結果は…
オーバーホール¥25,000+tax
新品仕上げ¥10,000+tax
ゼンマイ交換¥7,000+tax
ベルト交換¥8,000+tax
合計¥54,000

メーカー修理に出すよりもずっとリーズナブルですが、
パーツ代がゼンマイだけで終って大きな修理にならず一安心。
これでまた長く使えますね‼

本当は4年毎位に修理に出してもらえれば良いのですが、
大半の方は時計が止まってから出されるので大きな修理になることが多い。
そうなると余計なパーツ交換が増えて修理代金が嵩むことが多いので、
早め早めに修理に出してもらえる方がいいんです。
とは言え修理しないといけない法律があるわけではないので、
これは個人で判断するしかないんですね~。

しかしそんな時のためのウチみたいなお店なので、
直せる時計に関してはしっかりメンテンナンスさせてもらいます。
お持ちの時計で修理に困られている方は、
ぜひぜひ当店へご相談くださいね‼

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/10/18

思い入れがあるからこそ「修理したい」んです

今日は天気が悪い中、 広島のイベントで時計を買ってくださったお客様が来店。 こちらはご家族から引き継いだ古いオメガのシーマスター。 ある日、風防が外れた際に自分でとりあえず押し込んだそうですが...

続きを読む

2019/07/12

オーバーホールは「新品に戻す」ことではありません。

修理を担当してくださっている職人さんとの話の中で、 「そういえばオーバーホールって新品になるって思っている人多くないですか?」と聞くと、 「多分9割以上の人がそう思っているかも」そういった回答をされた...

続きを読む

2019/06/17

これぞ「感動」‼

かなり前にお預かりしたIWC・ポルトギーゼクロノの修理。 恐らく引っ掛けてリューズに巻芯が折れ込んだ状態で外れ、 さらにチューブも外れた状態。 チューブは外れただけで済んでいましたが、 この巻き...

続きを読む

2019/06/13

「サビ」はトモダチ(笑)

先日インスタグラムにアップした入荷時のサントスの様子。 初期型のサントスガルベやサントスオクタゴンはベゼルとケースを両ネジで留めた少し特殊な構造。 長年の汚れや垢が溜まりやすくネジがサビる...

続きを読む

2019/06/09

買って頂いた時計も持ち込みの修理もバッチリ!

時計の修理は時計を永く使う上で切っても切り離せない大切なもの。 どんなに高価な時計も安価な時計もメンテンナスが必ず必要です。 と、言ってもメンテナンスをしないからと言って目に見える症状が出るわけでもな...

続きを読む

Page top