HOME > BLOG > アーカイブ > 修理

BLOG  修理

2021/09/03

自分が「納得」することが第一。

先月お預かりしていたオールドインターのクラスプ修理。 元々クラスプとブレスレットの結合部分の爪が折れ、 ピンを紛失していた状態だったもの。 今回は爪の金属盛りとピン入れを行い、 再び時計が使え...

続きを読む

2021/07/16

久々に「重量感」を感じました。

先日お客様からご依頼された時計の修理。 こちらはメンテナンス前。 かなり久しぶりにロレックス・デイデイトを持ちましたが、 全て18金素材なので「重い」‼ 見た目以上に持った時の重量感は圧巻です。...

続きを読む

2021/04/06

大切なものだからこそ大事にする

先日、顧客様からご依頼頂いた時計の修理。 譲り受けた時計だそうで長く使いたいということもあり、 今回はオーバーホールを行いました。 もしかしたら時計を買うときの値段よりも修理代の方が高いかもしれ...

続きを読む

2020/09/26

時計によって職人さんを割り当てます。

先日の広島でのイベントで依頼が多かった「時計の修理」。 当店で購入頂いた時計はもちろん、 持ち込みの修理も大変多くご依頼頂きました。 持ち込みの修理は機械やブランドに寄りますが、 基本的には何でも受...

続きを読む

2020/08/08

「細かい条件」を提示する理由

スポーツロレックスをはじめとした、 夜光に「トリチウム」を使用するもの、 あるいは市場相場が50万円を超えるものの修理に関して、 以下の条件で修理を承っております。 ・輸送または修理作業中に夜光が「...

続きを読む

2020/07/18

久しぶりに「エロい」時計の修理依頼を受けました。

先日お越しくださったお客様からのご依頼で、 とてもエロい(笑)時計の修理依頼を受けました。 オメガ創業150周年記念だったと思います。 手巻きのトリプルカレンダームーンフェイズ。 これはかなり...

続きを読む

2020/06/20

久しぶりに鼻血が出るかと思いました(笑)

今日は久しぶりに広島時代からの顧客様が訪ねてくださいました‼ 以前から何度かご利用くださり、 最初来られた時からずっと「ヴァシュロンの時計を修理したい」と仰って早3年(笑) ようやくお持ちくださいまし...

続きを読む

2020/06/18

特に気を付けた方が良い1980年代以降の時計

過去に何度も、 恐らく世界で一番? 時計は「メンテナンス」が大事だと言ってきましたが、 時計を購入の際に特に注意して欲しいのが、 「1980年代以降」の時計。 1980年代はクォーツ時計全盛の時代で...

続きを読む

2020/05/11

「修理」は全てに通じます。

時計のメンテナンスと同時に、 持ち物の「メンテナンス」も非常に重要です。 恐らく多くの方は「持ち物のメンテナンス」なんてしたこともなければ、 考えたことも無いと思います。 書く言う自分もそうでした。...

続きを読む

2020/05/09

機械式の時計はこんな感じです!

こちらは自動巻きの時計。 所謂「機械式」と呼ばれる時計の一種で、 小さなネジや歯車が機械板と重なってゼンマイで動いています。 こういった金属パーツだけで時間を正確に刻むという部分に、 多くの方...

続きを読む

1234

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | 嫁ブログ »

Page top