HOME > BLOG > アーカイブ > 修理

BLOG  修理

2019/03/16

機会を知れば判断できます

先日お預かりしたパネライの時計。 昔、自分もパネライの時計を使っていたことがあるのですが、 改めてケースの大きさに驚かされます。 今回はB品番(2000年頃)製造のルミノールマリーナ。 この頃は...

続きを読む

2019/03/15

古い時計の個人売は自己責任で...。

このパーツ・・・何だか分かりますか?? 正解は、交換する前の古いマストタンクの文字盤の裏側です。 錆が表面までにじみ出ているものもあったり、文字盤の足が折れていたり・・・ 時計を開けてみないと、...

続きを読む

2019/03/11

諦めなければ良いこともあります

電池式の時計は寿命があるなんて言われますが半分正解で半分不正解。 もちろん状態次第で修理ができないこともありますが、 古い電池式の時計もオーバーホールをすれば使えることもあります。 時計は機械式でも...

続きを読む

2019/03/09

どうやっても直せます

先日お預かりしたロレックス。 写真の通りサファイアクリスタルのガラスがバックリ割れています、 そう、サファイアクリスタルは「キズが入らない」「割れない」わけではなく、 「キズが入りにくい」「割れ...

続きを読む

2019/02/28

遠く離れても

ここ最近、広島の頃からのお客様からの修理依頼を頂きます。 当たり前の話ですが広島に時計の修理ができるお店が無いわけではありません。 それにも関わらず当店にご依頼くださることは本当に嬉しいことです‼ ...

続きを読む

2019/02/21

こんなこともあります

インデックスの構造上、 外部の衝撃が加わると外れることもありますが、 接着が弱くても外れてしまうのです。 アップライトや植字と言われるタイプのインデックスは、 裏側を見ると小さくて細い足があり、...

続きを読む

2019/02/16

1930年代の時計でチャレンジ

先日入手した1930年代のオメガの時計。 この年代らしいボーイズサイズくらいの小振りなケースに、 文字盤は陶器で造られ針は青焼きのスチール針。 まさにザ・アンティーク時計といった雰囲気です。 ...

続きを読む

2019/02/13

時計を買うときは必ず「修理代」を確認してください

先日お預かりしたIWCポルトギーゼラトラパンテのオーバーホール。 今回はリューズに巻き芯が折れ込んでおり、 リューズと巻き芯の交換が必要でしたが… 結論、 「修理不可」です。 ...

続きを読む

2019/02/08

持込の修理も喜んで~

今回は顧客様からの依頼で他店で購入された時計の修理。 状態は… 要オーバーホール、要ベルト交換、ケースの変色、ガラス外れ。 まぁ健全な状態ではないですね。 外装をキレイにするため...

続きを読む

1

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | 嫁ブログ »

Page top