HOME > BLOG > アーカイブ > 修理

BLOG  修理

2020/01/09

今更ですが...

明けましておめでとうございます‼本年もよろしくお願いいたします。 遅くなりましたが2020年初ブログ。 でも実は3日くらい前に書いたブログが気に入らなかったので、 今回になっただけなんです(笑) さ...

続きを読む

2019/12/19

繊細でキレイな「シェル文字盤」

先日お預かりした時計がスピードマスターの「シェル文字盤」。 シェル=貝殻のことですが、 天然の貝殻をスライスし裏から塗料を吹き付けます。 シェル文字盤は天然ものなので同じ柄はありません。 20...

続きを読む

2019/11/27

気持ちはよくわかります。

以前販売した時計の修理依頼で… お気に入りの時計を傷つけてしまいケースには深い打痕が。 大切に使っているお気に入りだからこそキズは気になるもの。 もちろん修理はできるのですが、 ...

続きを読む

2019/10/18

思い入れがあるからこそ「修理したい」んです

今日は天気が悪い中、 広島のイベントで時計を買ってくださったお客様が来店。 こちらはご家族から引き継いだ古いオメガのシーマスター。 ある日、風防が外れた際に自分でとりあえず押し込んだそうですが...

続きを読む

2019/07/12

オーバーホールは「新品に戻す」ことではありません。

修理を担当してくださっている職人さんとの話の中で、 「そういえばオーバーホールって新品になるって思っている人多くないですか?」と聞くと、 「多分9割以上の人がそう思っているかも」そういった回答をされた...

続きを読む

2019/06/17

これぞ「感動」‼

かなり前にお預かりしたIWC・ポルトギーゼクロノの修理。 恐らく引っ掛けてリューズに巻芯が折れ込んだ状態で外れ、 さらにチューブも外れた状態。 チューブは外れただけで済んでいましたが、 この巻き...

続きを読む

2019/06/13

「サビ」はトモダチ(笑)

先日インスタグラムにアップした入荷時のサントスの様子。 初期型のサントスガルベやサントスオクタゴンはベゼルとケースを両ネジで留めた少し特殊な構造。 長年の汚れや垢が溜まりやすくネジがサビる...

続きを読む

2019/06/09

買って頂いた時計も持ち込みの修理もバッチリ!

時計の修理は時計を永く使う上で切っても切り離せない大切なもの。 どんなに高価な時計も安価な時計もメンテンナスが必ず必要です。 と、言ってもメンテナンスをしないからと言って目に見える症状が出るわけでもな...

続きを読む

2019/06/01

ちょっと珍しい時計の修理

先日お預かりしたユニバーサルの時計の機械が… 小型のローターが付いた「マイクロローター」と呼ばれる自動巻きの時計。 左側のゴールドの丸形のものがローターです。 古い時計は薄型、小...

続きを読む

2019/05/29

「感動する対応」について

先ずは他のお店で散々断られたIWCの修理。 リューズに巻芯が埋まり込んでチューブも外れた模様。 何かにぶつけたであろう強い衝撃があったと思われます。 内部もローター芯などにガタつきあり。 ウチで...

続きを読む

123

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | 嫁ブログ »

Page top