HOME > ABOUT

ABOUT

Greeting
ご挨拶
はじめまして!!
西は九州・福岡の姪の浜という海辺の街で
ヴィンテージウォッチ専門店を夫婦で営んでおります。
「レガロヴィンテージウォッチ」の井原と申します。
ご興味を持って頂いた方々へ
私たち夫婦の簡単な自己紹介をさせていただきます。

女性の方にもヴィンテージウォッチの
楽しさを伝えたい

井原 千里

「嫁」こと井原千里は、広島から上京した後、東京都内の有名百貨店のショップマネージャーとして、7年ほど店舗運営に携わっていました。
同時期に相方と出会い、初めてプレゼントして貰ったのがオメガのヴィンテージウォッチ。
現行の時計には無いデザインの可愛らしさや、金額もリーズナブルで初心者の自分にも使いこなせる気軽さからヴィンテージウォッチの魅力にハマりました。

時計のことを話し出したら止まらない!
井原 正博

一方、時計のことを話し出したら止まらない相方の正博は紳士靴のお店を持つことを夢見て19歳で上京。
勤め先だった会社の上司や先輩から時計の面白さを教えられ路線変更。
世界的に有名だったヴィンテージロレックスやオメガを扱う会社で勤務した後、 「いつの日か自分のお店を開く」ことを考えていました。

「このままでいいのだろうか?」
ふとした気づきからはじまりました。

そんな二人が東京で出逢い結婚。その後めでたく第一子を授かり千葉県・木更津市に引っ越し。平和で幸せな日々を過ごしておりました。

しかし様々な事情から「私たちは本当にこのままで良いのだろうか?」と疑問に思い、夫婦で散々話し合った結果...正博の夢でもあった「お店を持つ」ことを決意しました。

最初は「どこで」「どのような」「誰のために」など何度も話し合い、お互いの持っている「良いところ」を活かし、そして共通の出身地でもある「広島」の土地でお店を始めることとなります。


Open!
REGALO vintage watch

2015年1月23日、ついに念願だったお店を広島・段原でオープン。
人生で大切な時に時計を贈ったことから因んで、イタリア語で「REGALO=贈り物」「OROLOGIO=時計」から「レガロオロロジオ」という店名で、広島ではあまり馴染みのない「アンティーク&ヴィンテージウォッチ」をスタート。

時計のみならず広島をはじめ近県で取り扱いのない素晴らしい商品を扱う私達の「夢」が詰まったお店として3年間営業しました。

本当に多くのお客様や関係者に支えられ開店から4年目を迎えた2018年、大切なお客様へ新たな提案と自分たちの真価を問うために、そして新たな挑戦として「福岡へ移転」することを決意。

店名を「REGALO vintagewatch(レガロヴィンテージウォッチ)」へ、場所を九州一の繁華街から少し離れた西区・姪の浜で再スタートしました。

「レガロヴィンテージウォッチ」という名の由来

イタリア語で「REGALO=贈り物」という意味です。
婚約指輪の代わりや、就職祝いの贈り物として時計を選んだことからお店の名前を決めました。

末永く、大切に付き合えるアイテムの一つとして「時計」が挙げられると思います。
流行やトレンドに左右されず、その人らしい時計を選んで欲しい。
ヴィンテージウォッチにそんな思いを私達は持っています。

その中でもアンティークやヴィンテージは一期一会。
新品の商品とは違い同じアイテムは2つとして存在しません。

「貴方だけの特別な存在」
それを提供できるお店でありたいと私達は考えます。

自分達が好きだと思える土地を選び、
最良の環境の中で挑戦をすることで
お客様へ最高のパフォーマンスができる

地元の方からは「なぜ姪の浜?」と不思議がられるほど商圏として離れた場所ですが、福岡市の主要な場所を一本でつなぐ地下鉄・空港線の終点で、移住者が多く人気の高い糸島への玄関口でもある姪の浜は、生活環境が素晴らしく近隣にはショッピングモールやアウトレットモール、球場や福岡タワーが近い名所の一つ。

そして夫婦で大好きな「海辺の街」でもあることから自分たちが好きだと思える土地で挑戦することで最高のパフォーマンスができると考えました。


eventually
「レガロヴィンテージウォッチ」のこれから

広島で支えてくださったお客様や仲間たちをはじめ、福岡から九州全土そして日本全国へ、今まで以上に時計の面白さや楽しさを伝えらえるように、そして自分たちのお店を選んで良かったと思って頂けるような店舗でありたいと思っています。

お店のコンセプトでもある「時計を通したライフスタイルの提案」をより多くの方へ伝えたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます‼


What is
REGALO vintage watchが考える
"アンティーク&ヴィンテージの時計"とは

当店では1960年代以前に製造された時計をアンティーク、1970年代以降に製造された時計をヴィンテージと定義しております。

 

アンティークやヴィンテージのアイテムは製造から20年以上が経過しており、 いずれも現存するコンディションの良い個体は年々減少傾向にあります。
現行品には無い温かみのあるデザイン、職人の手作業による丁寧で細かい造りは男性のみならず、 女性にもその魅力に触れてほしいという想いがあります。

1点1点違う表情を持つ時計の魅力

その素晴らしさを伝えるため当店では可能な限り当時の状態を保った時計へこだわりを持っています。
劣化しやすい文字盤や針は補修パーツに交換されて仕方がないという反面、
当時の状態「オリジナルコンディション」のまま現存する個体も存在します。

「もしかしたらこの世で現存する最後の時計」かもしれないというロマンのある可能性を持っているのも時計の魅力かもしれません。


  • HOW TO
  • REPAIR
  • ITEM
  • Q&A

Page top