ヴィンテージウォッチの”付属品”とは?

意外と知られていない”付属品”の話。


ヴィンテージウォッチの付属品には、

①純正箱

②純正ベルト

③保証書

などが、付属する場合があります。

 

更に、当店の一部のカルティエについては、

④メーカー修理明細書

⑤永久保証書

が付いているレアものもあります。

 

たまに、”付属品はありますか?”と聞かれることがあるので、

今回は”ヴィンテージウォッチの付属品”について、ご紹介したいと思います。

 

①の純正箱について…

中古品(2000年~)の場合は、状態の良い箱も付属している場合が多いのですが…

ヴィンテージやアンティークに関しては、あまりキレイなものはありません…。

時計の付属品として入ってきても、けっこうシミがあったりするので、

正直もらって嬉しい物ではありません(笑)

当店でも、状態の良い純正箱はサービスで付けていますが、

基本的には、永く使えるよう、当店のオリジナルの時計箱に入れてお渡ししています。

 

②の純正ベルトについて…

純正の革ベルトが付いている場合、大体が中古品です。

かなり裏面が汚れている場合が殆どなので、当店では、デッドストックでない限りは絶対に着けません。

当店の革ベルトは、イタリア製のモレラートと、日本のメーカーのカシスから、豊富なラインナップで

お好きなものをサービスで取付けしています。

金属製のブレスレットは、革ベルトに比べて耐久性も強く、洗浄・新品仕上げもできるので、

ヴィンテージでも、状態の良い当時のブレスレット付きであれば、今後もブレスレットは永く使えます。

 

③の保証書について

ヴィンテージウォッチにも、当時の保証書が付いているものがあります。

メーカーの保証は購入してから1~2年ほどなので、効力は当然ありません。

保証が切れてしまっていては、ただの紙っぺらなのですが、購入したお店の場所や月を見ていると、

へぇ~、新婚旅行のグアムで買ったのかな、とか(笑)、

パリのカルティエで購入されたものなんだ…フランス人が着けていたのかな、とか、

そんな情報は得ることが出来ます(笑)

ちなみに、当店では、商品全てに6カ月間の保証を付けています。

保証が切れた後もずっと、当店で責任をもってメンテナンスしますので、ご安心を。

 

 

ここからは、カルティエの商品について。

 

④のメーカー修理明細書について

名前の通り、カルティエにてコンプリートサービスを行った商品に付属します。

コンプリートサービスとは、機械を新品に入れ替えすることです。

これは、当店独自のサービスで、一部の時計はカルティエにて修理を行っております。

当店では、”メーカー修理済み”と記載しておりますが、

カルティエの発行した修理明細書が付属し、記載された日付から2年間、カルティエにて保証が受けられます。

他にも、パーツ交換が必要な場合は、

文字盤や針、リューズ、ガラスなどをカルティエにて交換している場合もあり、

修理明細書には、交換した旨が記載されています。

たまに、コンプリートサービスに、文字盤交換、針交換、ガラス交換をして販売していますが、

見た目も中身も、ヴィンテージなのに、バキバキの新品です。

 

⑤の、永久保証書について

稀に出てくる、幻の”永久保証書付き”

カルティエが、1980年代の一部のモデルのみに付けた特別な保証書で、

なんと、コンプリートサービスが永久に無料で受けられます。

現在は考えられない、当時のカルティエ独自のめちゃめちゃ太っ腹サービス(笑)

時計を購入すると必ず今後必要な修理代が、この永久保証書があれば心配無用です。

永久に使えるので、今後子供や孫にも受け継げる保証書。

この保証書が付く時計は滅多に出てこないので、意外と知らない方も多いはず。

その分、永久保証書無しに比べると時計の値段は高いですが、

今後の修理費の心配なく、永く愛用できる事は他には無い特権です。

 

 

 

 

こう見ると、色々な付属品が付いている方が良いじゃん!と思いがちですが、

箱や、当時の保証書(効力無し)については、無くても全然困りません。

 

むしろ、今使える保証やサービスの方が大事なので、

当店では、すぐに使える保証やサービス、安心感を一番大事にしています。

 

付属品にこだわるより、”今”受けられる保証や、サービスのほうがずっと意味があります。

 

 

 

以上、意外と知られていない”ヴィンテージウォッチの付属品”についてでした。

 

ヴィンテージウォッチ探しのご参考にしてみてくださいね。