VOGAに行ってきたよ。

嫁、一人で3時間も居ました・・・。


アンティーク時計好きの方ならご存知の方も多いのでは・・・。

島根県江津市にあり、広島から高速を使って2時間弱。

すぐ近くには、キレイな日本海の広がる岩見海浜公園や中四国最大の水族館”アクアス”もあり、

自然の豊かなステキな街。

実は、私の父の生まれ故郷が隣の金城町という所ということもあり、

祖父祖母の墓参りがてら、ずっと行ってみたかったwatch museum VOGAさんへ行ってみました。

 

VOGAさんは、館長である益井俊雄氏がバイヤー生活30年の間に収集した

貴重なアンティークウォッチコレクション約800本を常時展示しており、

隣にはカフェレストランも併設されており、時計好きにはたまらない、”夢のテーマパーク”。

 

先日、ウチも出展させて頂いた、LowBeat主催のアンテークウォッチフェア銀座でも、

レアピース数本を展示していらっしゃいました。

アンティーク時計業界では、知らない人は居ないのでは??という位有名な方です。

 

さて、店内に入ると、左側がカフェレストランスペース、

右側が展示スペースとなっており、カフェレストランは地元のお客さんも多く、

ランチタイムはほぼ満席状態でした。

 

ランチは後で頂くとして、まずはじっくりアンティークウォッチの展示を見学することに。

 

入ってすぐ、パティックフィリップ。

カラトラバに、トロピカル、ティファニー×パティックの懐中時計など、最初から目が離せないラインナップ。

 

奥に進んでいくと、オメガ、ロレックスに至っては、アンティークで人気の歴代モデルが大集合。

ロレックスは、GMT,サブマリーナ、エクスプローラー、シードゥエラー、デイトナ…

ターノグラフにバブルバックなどなど、中には一千万円クラスも。

当店でも取り扱いしているデイトジャストや、オイスターパーペチュアルもありましたよ~。

これだけ並ぶと、見応えがスゴイです。

写真も撮っていいですよ~と館内のスタッフの方に言って頂き、写真を撮ろうにも、

もうどれを撮ったら良いのか分からないくらいの本数です。

 

アンティークウォッチショップだと常に在庫が流動するので、

一度に歴代モデルが見られることは滅多にないんです。プレミアのついている歴代モデルが並ぶ姿は、ただただ圧巻でした。

 

オメガも、スピードマスター、シーマスター、30㎜キャリバー、コンステレーション、

デヴィル×カルティエなんてのもありました。

個人的には、歴代のコンステレーションが並ぶコーナーが一番好きで、ず~っと眺めていられました。

 

他にも、IWCやユリスナルダン、ジャガールクルトにジラールペルゴ、カルティエなどなど、

それはそれは見応え充分。

 

入館料が1,000円で良いんでしょうか。

 

3時間も居た人は私が最初で最後かもしれませんね。。。

 

国産も、セイコーのワンプッシュクロノやワールドタイムなどなど、面白いのが揃っていました。

 

さて、充分すぎるほどコレクションは拝見させて頂いたので、

続いては隣のカフェレストランへ。

 

こちらも、めちゃめちゃオシャレな店内で、

アンティークの家具がセンス良く配置されています。

 

地元の方なのでしょうか…

品のあるご年配の方々が、コーヒーを飲みながら談笑しておられました。

 

席にすこし空きも出てきたので、ゆっくりランチをすることに。

メニューは、ビーフシチューや、島根の肉や野菜を使用したこだわりのある料理ばかりでした。

 

出てきた料理も美味しいのですが、接客してくださったスタッフの方が本当に良い方で…。

 

お腹いっぱいだったのですが、モンブランにコーヒーまで頂いてしまいました。

 

こちらに来て思ったのですが・・・

アンティークを扱う仕事は、

想像力を使い、隅々にまで気を配るような配慮ができなければならない、ということ。

アンティークウォッチは、50年近く時を経て、今も誰かの腕に渡り、動き続けている。

それを人に販売する、ということは、

前に使っていた方の状態をよく確認し、次に繋げるためにしっかりとメンテナンスをする。

これから購入するお客さんには、どんな使い方をするのかを聞き出し、想像力を膨らませて、

今後一生モノとして使えるように、最大限の提案をする。

購入された後のメンテナンスのことも考え、次の世代に繋げていけるようなお手伝いをする。

古いものだからこそ、販売する側も、使う側も、しっかり愛情をかけるのが、アンティークウォッチの世界。

 

今回、VOGA watch museumにお邪魔して、

館長の益井俊雄氏の、アンティークウォッチに対する愛情をバシバシ感じることが出来ました。

 

あっ、今回お邪魔した、VOGA watch museumさんのコレクション本を購入して帰りましたので、

気になる方は、ぜひ店頭で読んでくださいね。