大阪のイベントを終えて

人生数回しか訪れたことのない大阪…と言っても梅田だけですが。


大阪は梅田をはじめ難波、南船場など地域によってそれぞれの顔がある、

まるで東京のような楽しい街ですが、

昭和の文化や雰囲気も色濃く残るステキな街です。

特に鴨鍋屋さんのおばちゃんの話が面白くて楽しい1週間でした。

 

今回のイベントはお店での出店ではなくお手伝いで行ったので、

どんな内容になるのか全く見当もつかない状態で行きました。

しかも大阪一の百貨店「阪急うめだ本店」で行われた催事だったので、

多くのお客様が来られました。

 

そういった場所だからなのか思っていた以上に古い時計への関心は薄いようで(笑)、

「買った後の修理はメーカーに持って行くの?」

そう聞かれることが本当に多く感じました。

 

まぁ物によってはメーカーに持って行って頂いてもいいですが、

なんにせよ修理代はめちゃくちゃ高いです。

にわかでは「メーカー以外で修理をしたらメーカー修理ができなくなる」

なんてよくわからないウワサ話が独り歩きしているようですが、

もしかしたら一部のブランドでそういうこともあるかもしれません。

しかし自分たちが扱う時計は年代によりますが、

他店で修理したものでもメーカー修理は受けられます。

 

また時計に付いている革ベルトが純正の方が良いという声も多かったのですが、

時計を購入頂いてメーカーにご自身で依頼されるのであれば取り付けられます。

ですが当然のことながらベルト1本数万円は当たり前。

しかも数万円するから長持ちするわけでもありません。

個人的には消耗パーツでもある革ベルトは純正に拘らなくても、

手頃なプライスで品質の良い革ベルトで充分な気がします。

痛んだら早めに交換してあげた方が時計にも良いような気がします。

純正でもボロボロのベルトじゃ時計が可哀そうですからね。

 

大阪ほどの大都市なので時計屋さんも多いと思うのですが、

古い時計を扱うお店はそう多くないとか。

興味のある方が少ないわけではないので、

来月に某セレクトショップでイベントを行う予定なので、

今回の出張は非常に参考になることが多く実りある1週間となりました。

 

そして今回の大阪では広島の時から通ってくださったお客様や、

通販でずっと当店をご利用くださっているお客様にお会いできました。

福岡へ移転してお会いできる機会が減って少し寂しくもありましたが、

こうやってイベントの時に足を運んでくださり、

今も自分達との繋がりを持って頂けるのは本当に有難い。

さらに大阪に支社があるベルトメーカーの歴代営業担当の方が全員会いに来てくれる…

お店を構えないと出会えなかった人たちにこうして出逢えるということが、

本当に何よりも嬉しいこと。

 

常々ブログでも書いていますが、

商品の値段だけでしか勝負ができないお店に何の魅力もありません。

適正な価格とそれ以上のサービスが行えるお店に人は付いてきてくれて、

それを支えてくれる人たちがたくさんいる。

値段だけで言えば自分たちのお店は決して安くない。

しかし自分たちの信念を信じて購入してくださる方のために120%のサービスをしたい。

そういう想いが実を結び今回のように忙しいのにも関わらず来てくださる。

これ以上に嬉しいことはありません。

 

今回の出張で得られたことは本当に大きく、

自分達の行いは少なくとも誰かのためになれた。

そんな気がしました。

ですが現状に満足せずに今まで以上にお客様に満足して頂けるお店であり続けるために、

これからも頑張っていきたいと思います。

まだまだ足らないところもあるかもしれませんが、

何卒よろしくお願い申し上げます‼