改めて「なぜ福岡なのか?」

先日のイベントでもよく聞かれました・・・(笑)


東京で待ち合わせた友人にも、先日来店されたお客様にも

「なんで福岡なの??」「どこがいいの?」

月に5回は聞かれていますが(笑)改めてお答えすると…

 

「福岡めっちゃ良くないですか?」

 

昔から言われているのが「ご飯が美味しい」「物価が安い」「女性が美人が多い」。

実際にご飯が美味しいは間違いなく東京よりもお気に入りのお店がたくさんできたし、

物価は驚くほど安い。

博多駅周辺の賃貸マンションで10万円あればかなり立派な部屋が借りられる。

都内だと少なくとも25万円以上はするようなところだったりするし、

野菜や魚などの生鮮食品は九州全土で採れたてが早く、

輸送コストがかからないので安く買える。

女性がキレイはウソじゃなかった(笑)

昔から言われているということは今から20年前だとして、

今の40代や50代の人たちが若い頃ということになります。

その頃からの「博多美人」だから歳を重ねてもキレイな人が多く、

実際に天神近辺を歩いていると振り返るくらいキレイな40代以降の女性もよく見かけます。

 

まぁそれらは周知の事実として、

自分達にとって「なぜ福岡なのか?」は色々あります。

お店を運営することも大事ですが、

それ以上に子育ても大切で両立しないといけない。

子供を育てる環境は都会であればあるほど教育が進んでいる。

例えば東京都心部の公立校は地方の私立以上に教育レベルが高いそう。

実際に福岡市では起業と子育てに力を入れているのもあって、

通わせている保育園の教育レベルは自分たちの頃と比較にならないほど高い。

 

交通インフラは物凄く整っており、

道路が渋滞してもそんなに苦にならないほど。

さらに都市高速が発達しているので移動に時間がかからないし、

お店のある姪の浜から大濠公園、天神、中州、博多駅、福岡空港が全て地下鉄直結。

先日の東京出張も荷物が多い中、本当に便利で助かりました。

 

福岡市内は小売店や百貨店の数も多く、

トレンドや旬のアイテムが比較的早い段階で手に取ることができ、

「時代の流れを読む」という意味では東京と比べて大きな差は無く感じます。

また販売員さんの接客は東京以上にレベルが高い方が多い。

自分達も勉強になるし何よりお店を運営する上で接客は負けられませんからね。

いつも出掛けるたびに良い刺激になり勉強させてもらってます。

 

お店の運営に関しては移転してもう少しで半年ですが、

人の多さはもちろんのこと情報が昔に比べて手に入れやすく、

また大企業や中小企業の支社も多いから出張で来られる方も多い。

「前からホームページやインスタを見ていてお店に来てみたかった」

という声の多さもあって、

少しづつですが移転したことは間違いじゃなかったと確信を持て始めました。

 

これから中心部の開発に加えヤフオクドーム前にMARK IS 福岡というショッピングモールがオープンします。

さらに西日本では大阪でしか展開されていない「ららぽーと」も来年オープンとのこと。

ますます盛り上がりを見せる福岡なので色々な可能性を見出すことができます。

  

これから東京五輪が2020年に開催され東京の開発は以前にも増して猛スピード。

一極集中が決して悪いわけではありませんが情報や文化的スピードに差が開きます。

そうなった時に海外から人が来て日本の魅力が都心部と文化遺産のあるところだけでは、

本来の日本の良さを知らないまま帰られるのはもったいない。

東京ほどではないかもしれませんが福岡市内の都市開発も目を見張るものがあります。

食事の豊富さやアクセスの良さ、屋台などの独特な文化は海外の方にも楽しんでもらえるはず。

 

そして自分達のビジネスもただ時計を売るだけではありません。

先日のイベントで確信したのは「国産腕時計の魅力」を海外のバイヤーがすでに評価していること。

つまりヴィンテージウォッチの魅力、

特に国産腕時計の魅力をもっと広く伝えられることができれば、

お店のコンセプトでもある「腕時計を通したライフスタイルの提案」がより強く多くの方に実現できると思っています。

 

もしかしたら国産腕時計を通して日本製の作りの良さや奥深さを知って日本に住みたくなる外国人が増えるかもしれません。

セイコーの時計を身に着けたイケメンとの出会いになるかも…(笑)

個人的には前のイベントに来ていたセイコーフランスの超絶美人のような方が増えるといいな~。

キングセイコーを見る姿は気絶そのもの…

あれ?何の話してたんだっけ??