道具にこだわりを‼

ブラシと言えば江戸屋」。


以前、付き合いのあるジュエリー職人に

「工具や道具は自分の使いやすいように加工しろ!」

そう教わりました。

買ったままの状態だと細かい作業の時に技術が生かせない、

とにかく使いやすく手入れをすることが大事だと何度も言われました。

 

オーバーホールを教わっていたころに時計職人さんにも

「ドライバーの刃先やピンセットの先はちゃんと研いで調整するのからが修理のはじまり」

ジュエリー職人と同じようなことを言うので、

扱うものは違っても職人さんは工具や道具を大切にするだけでなく、

自分に合わせているんだなと思いました。

実際に職人さんが使う工具を使わせてもらったら…

めちゃくちゃ使いやすい。

本当にビックリするくらい違うんです。

それから工具などは全部自分用にカスタマイズしています。

 

先日届いたこちらのブラシは靴磨き用で購入。

念願の江戸屋のブラシですが、

ブラシは使えば使うほど成長していくというのを、

靴磨き職人から教わりました。

実際にその職人さんのブラシは…

オイルや色がしっかり入っているのでクリーム要らず。

年間1000足以上磨きに使うブラシは全然違いました。

これからこれらのブラシも自分用の靴をはじめ、

多くの方の靴を磨くことで成長していくことでしょう。

 

あ、そうそう、今回このブラシを買ったのは、

店頭に来られたお客様のご希望があれば靴磨きもやります。

あくまで「磨き」だけなのでワックスで光らせたりはしません。

なので作業工賃は…500円でどうですか?

一応、ブラシとリムーバーで汚れを落としてデリケートクリームとレザーローション、

それにビーズファインクリームでブラッシングします。

もちろんクリーム類は全てサフィールのものを使用します。

ご希望があれば遠慮せずにお申し付けくださいね‼