「コンディション」と「内容」は要確認

もはや説明不要ですよね?


先日入荷した「永久保証書」が付属するマストタンクです。

過去ブログや店頭で説明を受けられた方もご存知だと思いますが、

この永久保証書はカルティエで生涯コンプリートサービスの工賃が無料になる最高の付属品。

ご購入後は永久保証書を無くさないようにしてくださいね!

 

今回はこの時計について書こうと思うのですが、

再三書いてもまだまだ伝わらないようなので重複する内容を書きますが、

アンティークやヴィンテージと呼ばれる「旧いアイテム」は、

何が何でも「コンディション命」です。

なぜなら同じ商品を並べても状態は一つ一つ違います。

それは使用状況、保管の環境、メンテナンス歴…

人がそれぞれ違うように各アイテムの辿ってきた歴史も違うのです。

分かりやすく言うと…

「どうせ買うならコンディションが良いほうが良くないですか?」

ということです。

 

このマストタンクはドレスウォッチの原点となるデザイン。

インデックスが無く腕への収まりが良い小振りなサイズ感。

元来ドレスウォッチというものは…

タキシードなどを着てドレスアップしたときに、

「時間を気にしない」という意味合いを込めて、

時計がシャツの袖へ収まるサイズ感であり、

秒針や日付、ミニッツマーカー(秒の目盛)など、

「時間が正確にわかる機能」を無くしたものなんです。

要は時計を身に着けていないような装いをするためのドレスウォッチなんです。

これがマナーであり着こなしというものですが、

相手への思いやりを大切に考えられた素晴らしい発明です。

そりゃそうですよね。

会場で出逢ったステキな人を前に時間を気にするなんて野暮というもの。

 

ちなみに男性がドレスアップしたときに履く靴はエナメルが鉄則。

この由来は革靴の表面に付いた靴クリームで相手のドレスを汚さないためだそう。

相手を思いやる気持ちこそ「紳士」というものですね。

 

話が逸れましたが今回のマストタンクのコンディションは非常に良好。

過去にカルティエでメンテナンスをされた際に文字盤交換を行っています。

どうやって見分けるのかというと、

6時側の表記が「SWISS」ではなく「SWISS MADE」となっています。

これは後年交換すると表記が変わるので見分けがつくのと同時に、

文字盤の状態も汚れや劣化もなくキレイ。

さらに今回リューズは新品を取り付けケースコンディションも大きなダメージがありません。

時計の状態は極上と言えます。

さらに永久保証書が付属するとなると…

売れてしまうと同じような内容で今後手に入れらえません。

 

最近のメンズファッションのトレンドが英国調と言われるようになり、

007のジェームズボンドやキングスマンのような「英国紳士」風な方が増えたと思います。

しかし「紳士」というものはファッションではなく「精神論」だとも考えられます。

先ほどの相手を思いやる気持ちや、

自身の立ち居振る舞い一つで相手を持ち上げることも下げることもできる。

最低限のマナーを持ち合わせるのと同時に、

少なくとも装いはちゃんとしましょうね、という事です。

 

そんな「紳士的」な時計として今回のマストタンクは間違いありません。

「インデックスが無いから正確な時間がわからないので遅刻しそう」

そんな声も聞こえてきそうですが大体の時間がわかれば良くないですか?

遅刻しそうなら早く出掛ければ良いだけのことで相手を待たせなければいいんです。

 

少なくとも相手が待ち合わせの時間より遅れても怒らないでください。

もしかしたら貴方に会うために一生懸命「時間」をかけたのかもしれませんから。