夏の必需品

全国的に梅雨明けとなってきました。


いよいよ夏本番。

本日の福岡は気温30℃を超える夏日。

今日から子供の保育園ではプールがスタート。

三度の飯よりもプールが大好きな子供にとっては楽しい季節の到来です。

 

しかし大人にとってこの夏というものは楽しいことばかりではありません。

「紫外線」という大敵を忘れてはなりませんね。

40歳も近づくとお肌の悩みは一層加速し、

顔のシワやたるみが徐々に気になり始めるのですが、

それよりも目立つのが「シミ」。

顔だけでなく全身のシミは年齢を一気に老けさせる最大級の悩み。

 

だからといって「若作り」をしましょうというわけではありません。

人には年齢相応の「魅力」というものがあります。

20代なら20代の、30代なら30代の、40代なら40代の…以下略。

年齢相応の魅力を引き出せる人についつい興味を持ちます。

シワやシミなどがあってもそれはそれで人の魅力。

 

以前「美魔女」という方たちが持て囃された?気がしますが、

あれはあれですごいと思います。

しかし40代の人が20代に見えたところで、

それなら最初から20代で良くないか?ということです。

それよりも40代なのに背筋がスッと伸びて所作が美しい、

オトナだからこそできるファッションを楽しんで知的で包容力があれば、

それは絶対に若い方には出せない魅力です。

 

とはいえ日常的にできるケアはしておきたいですね。

日頃から食生活に気を付けカラダを鍛える。

それと同時に「目から入る紫外線」を気を付ける。

聞いた話ですがシミの原因の一つに目に紫外線が入ってシミになると聞きました。

南国に比べ紫外線が弱いとされる日本だからなのか、

「サングラス」を身に着ける日本人の方って少ない気がします。

一方、白人の方はシミになりやすい体質からサングラスを日常的に使用されている気がします。

そういえば義兄もよくサングラスをしていたような…

 

夏場に欠かせないアイテムとしてサングラスは常備していますが、

その中でも「レイバン」のサングラスは人生でいくつ買ったか覚えていないほど(笑)

こちらは定番のウェイファーラーという形のものですが、

無くしたり落として割ったり自転車で轢いたり子供に破壊されたり…

間違いが無ければ4代目のウェイファーラーです。

他にティアドロップ型のアビエーター(大門さんのやつね)、

ブロー型と呼ばれるクラブマスターもありますが、

カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいウェイファーラーは間違いありません。

 

サングラスをしていると気取って見える気がしないでもないですが、

シミから自分を守るためならそんなことは構いません(笑)

でも一昔前の女優さんみたいな顔半分を覆いそうな大きいサングラスや、

ブランドのロゴがガッチリ入ったような微妙なものは避けたいですね。

 

この季節は薄着になるのでポケットにも極力物を入れたくない。

昨日のブログに書いた巾着袋があれば今夏はカンペキです!

しかし未だに自分用の時計が決まっていないという…

時計屋なのに自分用の時計が無いなんて有り得ませんよね(笑)

やっぱこのサントス…自分用にしようかな~