そろそろオーバーホールの時期では…?

さてさて、ウチもお店を始めて4年目となりました。


4年となると、そろそろ気になるのではないでしょうか?

 

そう、”オーバーホール!!”

 

まだまだ、ウチで購入したお客さんから、オーバーホールをお預かりしていないので、

それだけウチの時計が優秀という事でしょう…。フフフ。。。

 

ですが、目に見えない機械疲労で、パーツにダメージを負っている場合もありますので、

大体3年~5年に一度は、必ずオーバーホールが必要となります。

 

順調に動いているときは、「オーバーホール⁈まだ動いているし、大丈夫でしょ‼」と、

ついつい後回しにしがちですが、

時計が急に止まったり、時間が狂いだしてからだと、

交換しなくて良かったパーツを交換するハメになる可能性が高いのです。

オーバーホールの費用ですが、

機械式¥25,000+tax が基本料金となります。

(詳しくは、リペア参照。)

 

パーツの交換などが無ければ、基本料金で済むことがほとんどです。

オーバーホールの時期が長くなればなるほど、修理代金も高くなることが多いので、

定期的にメンテナンスをして、大事に使ってくださいね。

もちろん、見積りもとれますので、ご相談ください。

 

オーバーホールと一緒に、革ベルトの交換で気分一新するのも良いですね。

意外と、革ベルトは汚れています。ボロボロのまま使っていませんか?

ちなみに、風防の小傷磨きや、ブレスレットの洗浄などは、無料で行っています。

愛情込めて、ピカピカにしてお渡ししますよ。

 

広島で購入して下さった方々、

なかなか、福岡に行けなくて、、、というという方は、

ぜひこの機会にお持ちください。

明日、明後日のbeppin-tenでのイベントにて、

ベルト交換や、修理の相談もお受けします。

 

なかなか、普段目に見えないところなので、後回しにしがちなオーバーホール。

 

時計の異変に気付く前に、しっかりケアしてあげてくださいね。