実は私・・・〇〇なんです。。。

こんにちは!!きょうは嫁ブログです。


実はワタクシ・・・

 

軽い「潔癖症」なんです。。。(笑)

 

でも、ヴィンテージが、好きなんです(笑)

 

ちょっと矛盾しているのですが、

そんな私のヴィンテージとの付き合い方。

 

 みなさん、こんな事思ったことありませんか・・・?

 

”ヴィンテージってキレイなの???”

 

私は常日頃から思っていました。

 

さて、ヴィンテージがキレイかどうかは、その販売店によって販売基準が違うと思うんですよね。

 

例えば、古着屋さん。

店によっては、何度かクリーニングしてチェックしてから店頭に出すお店もあるし、

仕入れしてそのまま販売しているお店もあると思うんです。

 

ヴィンテージデニム、今女性の間でも流行っていますよね。

大手のセレクトショップなんかでは、リーバイスのヴィンテージデニムフェアなんかもやっていて、

何となくそんなお店で買うときは安心できるのですが、

 

大体古着屋さんで購入したものは、取り憑かれたように何回も洗濯してから着ます(笑)

 

ここだからこっそり言いますが、

相方が先日購入してきたヴィンテージのGジャンも、買った次の日に3回洗濯して、

オキシクリーン漬けしてます。。。

あぁスッキリ・・・(笑)

 

さて、話がそれましたが、

私たちの取り扱うヴィンテージウォッチが店頭に並ぶまで。

 

まず、ブローカーから仕入れをした時点で、全てのパーツをバラバラにします。

それから、

外から見える部分では、

①ケース(ミドルケース・裏蓋)

②ガラス

③ブレスレット

④尾錠

これらを、超音波洗浄機で洗い、その後手作業で磨きます。

 

内部の機械は、オーバーホールによって、すべてのパーツを分解・洗浄します。

 

その後、必要であればケースの金を貼り直したり、風防を新品に交換。

 

新品のイタリア製革ベルトを装着して、店頭に並べます。

 

店頭に並んだ後も、しつこくセーム革で磨いて・・・

 

こうやって軽い潔癖症の私も大満足のヴィンテージウォッチが販売できるのです。

 

お客様から、よく言われるこの言葉、

「これって、新品ですか?」

(看板には大きくvintageと書いてあるのですが(笑))

 

私たちにとっては、最高の誉め言葉。

 

新品のようにキレイなヴィンテージウォッチ、一番理想の姿です。

 

もちろん、経年変化によってクリーム色に焼けた文字盤や、

ピカピカすぎない、温かみのあるゴールドのケース。

そういったヴィンテージならではのオリジナルのディテールは大事に、でも、

キレイに出来るところは新品同様にキレイにする。

 

それが、私たちのこだわりでもあります。

 

 

あっ、そういえば、購入してくださった方々、

ブレスレットの洗浄は無料で行っております。

 

夏が来る前に、時計のブレスレット、キレイにしてくださいね~。

 

目に見えないところも、しっかりキレイになりますよ。