待ちに待った

ようやくカルティエからメンテナンスが完了しました。


希少なカルティエのサンチュール。

現行品にはないデザインが何とも可愛い時計です。

やはりデザインの良い時計と言えばレディースサイズのものに多い気がします。

もちろん古い時計に限りですけどね。

 

今回はコンプリートサービスに加え文字盤、ガラス交換も行いほぼほぼ新品に近い状態になっています。

一度ここまできっちりとメンテナンスしておけば、

後は定期的に電池交換やオーバーホールだけで十分。

もちろん使う方が大切にするというのは絶対条件ですが、

デザインの良い時計は意識しなくとも大事にしてしまうものなんです。

 

値段が高いから大切にするっていうのは何か違う気がする。

値段にかかわらず自分が気に入ったものだからこそ大事にする、

そんな気持ちを持っていただけたのなら販売する自分たちもなんだか嬉しい。

時計の良さは色々あるけれども「物を大切にする」という気持ちを伝えられるのなら本望です。

 

この時計はこれから顧客様に案内をするので、

それでご購入頂けたらしばらくお目にかかれない。

売れることは当然何よりも嬉しい反面、

売れてしまうともう出会えないかもしれない。

そんな感情的な気持ちになるのも時計だからこそ。

 

そういう多くの要素が重なり合って今目の前にある時計が存在する。

改めて時計って面白いものだなと思います。

お客様によく言うのですが

「お金を出せば誰でも買えるものに興味なんて持てない。

今日この瞬間にしか出会えないものに面白さがある。

だからヴィンテージは面白いんです。」

自分だったら何を選びますか?