なぜ「ヴィンテージ」じゃなきゃダメなのか?

今回もアツく語ります。またさらに長いですよ(笑)


恐らく「ヴィンテージ品」を扱うお店のオーナーさんのほとんどは古い物が好き。

そして「新品or現行品が嫌い」な筈です。

理由は「商業的過ぎる」からではないでしょうか?

 

時計に限らず古着や旧車、インテリアなどヴィンテージアイテムは今にはないレトロな雰囲気、

そして色使いや質感などがシロウトにも分かるオーラを持っています。

それは何年、年十年と時を経て醸し出せる独特なものと同時に、

当時のありとあらゆる職人が丹精込めて造り上げた「傑作」。

もはやここまで来ると言葉では言い表せない、形容しようがありません。

強いて言うなら「感」というものでしょうか。

 

近年あらゆるアイテムで「ヴィンテージ加工」、「ヴィンテージテイスト」、「復刻」などの言葉を目にします。

時計で言えばこの数年は復刻祭り。

とは言え全く同じではなく「モチーフ」といったレベルだったものが「リアル」を追求し始めました。

それを決定付けられたのが去年販売されたO社の3本の時計。

個人的な意見として「結局そこかよ!!」と思ってしまうほど、

限定と謳いつつ売れれば良いんでしょ的な解釈になり、

ここ数年の「新作」と呼ばれるものに些か疑問を持ちました。

 

もちろん新品や現行品が悪いというわけではありません。

ブランドやメーカーは常に新しいものを造り続けなければならない、

それがある意味ブランドの使命のようなもの。

ただそこには必ず「進化する」ということが大前提。

しかしこの「進化」すら本当に世の中が期待しているものなのかどうか?

 

また時計の話ですが素材に「希少な金属を使った」「加工の技術が最先端」「斬新なデザイン」…

まぁライターの表現力の問題かもしれませんが、

「こんなの作ったから高いお金払ってね」と最後に言われている気しかしません。

もちろん求めていたものやちゃんとしたものにお金を払うのは当然として、

一方的な押し付けに高額な金銭を払うのは…?

まぁ欲しい人が買えば~?な世界ですね。

ちなみに現行品の商品原価がどのくらいかご存知ですか?

聞いたら驚きますよ。知りたい方はぜひ店頭で(笑)

 

他方「良い物はずっと造り続けると」ということも悪くないハズ。

しつこいくらい時計の話ですが当店が扱うヴィンテージウォッチは今から20年以上前の現行品。

当時は今のような革新的な技術が無く大量生産も行き詰っていたんじゃないのかなと思われる時代。

それでもデザイン性の高さを受け継いでどんな時計も大幅なマイナーチェンジはしなかった。

これも個人的な意見ですが「デザインは完成されていた」からではないでしょうか?

そして何よりパーツの流通がしっかりしていたからメーカー以外の職人さんでも「直せる」、

これは非常に大きなポイントだったと思います。

 

あらゆる物は「直す」ことができるから素晴らしいと思っていましたが、

安価な商品が流通して「買い替える」を押し出してきた気がします。

もちろん値段が安くなることは決して悪くはないのですが、

それに伴う犠牲がないわけがない。

昔ニュースでもあったように途上国の工場が崩落したなんてありましたが、

安価の犠牲が人の命というのは本末転倒。

だからこそ何事も「適正」であるべきだと思います。

 

さて話を戻すと「なぜヴィンテージ」なのか?

答えは簡単で「直せばまだまだ使えるから」。

そして「直せる人がまだいる」ということ。

デザインの良し悪しは人それぞれの好みとして、

直せるのならそれは直して使えばいいと思うし、

使えなくなった時に初めて買い替えれば良いと思う。

そして直せる人がいるのなら仕事をさせてあげた方が良い。

 

私達のお店で扱う「ヴィンテージウォッチ」は決して安くありません。

仕入れ、修理、店舗維持費、人件費などあらゆるコストを考えて販売しています。

そこには取引先や職人が永続的に付き合えるように値引き交渉もしない。

相手の言い値でこちらも仕入れるから販売価格は下げられない。

そこを適正と見極められるかどうかがお店の技量だと思う。

ありとあらゆる方面を考えて導き出されたのが「お店の販売価格」というものです。

ただ「安さ」しか売りださない個人売とは違う。

 

実際にヴィンテージやアンティークというものは何でも安くありません。

ですが永い時を経て醸し出される雰囲気は格別で簡単に真似のできるものでは無い。

「持つことの喜び」を辿ると時代を経て今ここにあるという「一期一会」の事実。

そう2つとして同じものは存在しないのがヴィンテージ品の面白さなんです。

 

分かりにくいし難しい。

それがこういうアイテムの世界観ですが、

どのお店にも言えることはみんな「適正」だということ。

値段だけで判断するのではなく色々な話を聞いて、

商品のコンディションをしっかり見て、

自分なりに解釈して納得して手に入れられたら良いと思います。

 

一歩踏み出してみてはどうですか?

そうすればきっと「楽しい世界」が広がるはず。