モレラートの革ベルトを選ぶ理由

今回はアツく語ります。長いですよ(笑)


お店のオープン当初から革ベルトは「モレラート」だけを取り扱ってきました。

その理由を書いたことが無かったので今回初めて触れてみます。

 

「時計×革ベルト」のイメージは「オジサン臭い」…

そんなことを若い頃は思っていました。

時計の事をよくわからない上、見てくれだけで判断していた節もあり、

ブレスレットモデルの時計ばかり選んでいました。

年齢を重ね少しづつ物事の理解もできるようになった頃、

装いに合わせた時計選びということの大切さに気付きます。

 

下着を見せるほどズボンを下げられなくなった歳に差し掛かると少し小奇麗な服装をし始め、

いつも使っている時計の汚さに気付きます。

「ブレスレット毎日使っていて洗浄なんてしたことが無い」

だから汚れがたまって時計が汚いんです。

 

そこで革ベルトにも交換できる時計だったので一先ず適当な革ベルトを装着。

これが思っていた以上に良くシャツやジャケットなどの服装にも合うんです。

それから革ベルトについて調べていると色々なメーカーがあることを知ります。

今までは革ベルトと言えば黒か茶色しかないと思っていたらカラフルなだけでなく素材もたくさんある。

メーカーによって値段は変わりますが高ければ数万円。

 

革ベルトは消耗品なので数万円は少し勿体ない。

交換できる技術はあるからもう少しリーズナブルで色々なベルトを持ちたい。

そこで出会ったのが「モレラート」でした。

イタリアのメーカーらしく彩り豊かなベルトの数々。

いつの日か自分の時計屋をオープンできるのなら扱いたいとずっと思っていました。

 

モレラートの良さは何と言っても品質に対しての値段の手頃さ。

そして革のコダワリがめちゃくちゃ強いんです。

書く言うワタクシ、革に関しては一家言あるほどこだわりを持っています。

モレラートのラインナップを見ていると、この革でこの値段は他じゃ絶対に出せない、

細かいことを言えばキリが無いけどクオリティに対してプライスが良心的過ぎる。

特に「Manufattiシリーズ」は男性的でしっかり造っている…。

マジマジ見ているうちに革ベルトにどんどんハマっていきます。

 

ちなみに時計の革ベルトが非常に傷みやすいのは汗に弱いというより、

「手入れなんて一切しない」から。

先ほどのブレスレットのように時計の革ベルトを手入れしている人はどのくらいでしょう?

手間を考えると交換しちゃった方が早い?そう思われるでしょう。

しかしブランド時計の純正ベルトは数万円~十万円近くするものがほとんど。

そこそこの時計が買えちゃいますね(笑)

値段が高いから長持ちするわけでもなく交換は必ず必要。

そんな時に品質が良くてリーズナブルで種類が豊富なベルトがあれば…?

 

時計に対する悩みはたくさんあると思います。

何を買うのか?はもちろんのこと、

購入後のメンテナンスやベルトも含めて時計を選ぶことは楽しい。

でもそこには必ず「お金」が掛かる。

せっかく悩んで買った時計もメンテナンスをしないのは時計がかわいそう。

だからこそ選んだ時計を末永く使って頂くことの一つに

「ベルトを選ぶ」

これは決して外せない項目の一つです。

 

もしお手持ちの時計のベルトが傷んでいたり、匂いが気になるなどの悩みがあれば早目の交換をお勧めします。

理由は時計を大切にして欲しいということもありますが、

案外「時計は靴と同じくらい人から見られている」んです。

 

ステキな服を着ていても時計のベルトがボロボロだと今一つ格好がつかないですよね?

見栄も大事ですが大人として細かいところに気を遣うことも重要。

私達ができる提案の一つに「革ベルトの交換」は自信を持ってお勧めできることの一つです。

 

まだ革ベルトに交換したことが無い方やベルトの交換時期が来た方はぜひモレラートのベルトを選ばれてはいかがですか?