心に残る金言

準備も着々と進んでおります。


そして時間の余裕も少しあるので昔読んでいた本をまた買いました。

 

二十歳過ぎの頃、独立を夢見てひたすら頑張っていた若い頃。

右も左もわからなければ、

常識なんてありゃしない。

あるのは若さと無駄に高いプライドだけ。

本当にどうしようもないクソガキだったな~。

と、本を読みながら昔を振り返り、

穴があったら入りたいくらい恥ずかしい自分を思い出します。

 

わからないなりに考えたのが、

とりあえず経営の本を読んでみよう‼

そんな安易な発想しか持ち合わせていないところがなお一層恥ずかしいですが、

この本に出会わなければ今の自分は無かったかもしれません。

 

誰の本で何の本なのかはあえて伏せます。

知りたい方は直接聞いてください。

ここまで引っ張っておいて何ですが…スミマセン。

 

そうする理由は、

この本が今から15年程前のものなのに、

この本にかかれていることが現実になり過ぎていて怖いくらい。

著者は今ではめちゃくちゃ有名な経営コンサルの方で、

この人の本はほぼ全て読んでますが一番衝撃的な内容。

ただこれから何かしようと考えているのなら先ず読んで欲しい。

 

そしてこの本の金言とも言えるこの数行が、

今の自分を突き動かしていると言えます。

どんなに良い時があっても、

どんなに悪い時があっても、

現状が全てじゃない。

満足も悲観もしていられない。

だから前を向いて頑張らないといけない。

そう思い続けています。

 

こんなに堅苦しいことばかり書いていますが、

経営者になりたい方以外が読んでも絶対に面白いですよ。

店頭に置いてあるので借りたい方は3/4のオープン以降お越しください!!

あ、あと2週間切ってる…