自分に馴染む楽しみ

馴染む楽しみを与えてくれると言えば「レザー」。


購入してすぐは固くてガチガチ。

それが着込むことによって自分の体形にフィットし馴染む。

まさに「自分のモノになってゆく」感じ。

 

レザーに関しては時計同様、失敗の連続。

清水ダイブして手に入れたニールバレットのレザーは2着、

流行りで買ってしまったディオールオム、

デザインだけ良くて品質サイテーだったドルチェ&ガッバーナ、

その他諸々…

記憶にあるだけでザっと200万円。

いや、マジで有り得ねぇ。

ちなみに全部手元にありません。

 

何でもそうなんですが、モノにお金は掛かる。良いモノ(品質の高いモノという意味)は絶対安くない。

安価で良いモノは絶対を付けていい、無い。

これは人生で家を買えるくらいの金額を大失敗した僕の経験。

そんじょそこらで数千円、数万円のものをケアして、

さもモノを大事にしています、長持ちしてますっていうのはチョット違う。

本当に良質なモノは所有者を幸せにしてくれる。

 

レザーの話をするとクチウルサイ知り合いがいるので抜きにして、

本気のお店は色々な観点でモノをセレクトして販売する。

売れりゃいい、儲かりゃいいっていうのはシロウト以下。

 

なぜか?

それは世の中には本当に面白い、そして心を震わせるアイテムがあって、

それを手に入れた時に天国に昇ったような気持ちにさせてくれるモノがたくさんある。

モノは値段だけじゃない。

もっともっともっと楽しいことがたくさんある。

 

一先ずレザーは僕の大好きなレザーブランドが一番フィットする。

散々失敗してここに行き着いた。

もうこれ以上のものは金輪際出ないと思う。「ISAMU KATAYAMA BACKLASH」。