季節モノは先物買い

オーダーして約半年…遂に到着しました。


保証付きポーランド産ダウンが敷き詰められたダウンベスト。

こう見えてレザーなんです。

カンガルーの革なので非常に軽くて丈夫。

重さがナイロンとほとんど変わりません。

 

こちらは日本を代表する世界屈指のレザーブランド「バックラッシュ」のもの。

革の加工、製品の品質では恐らく世界一と言ってもよいでしょう。

「高いんじゃないの?」

もちろん値段だけで言えば安くありませんが、

トータルで考えれば最もコスパに優れています。

 

半年も前に注文してやっと到着すると本当に嬉しい。

それでも前もって注文しないと店頭ではほとんど売れて買えないそうです。

生産数が決して多くない、一つ一つ丁寧に作っているので大量生産ができないそう。

同じようなダウンベストでも有名ブランドになるとシーズン中に並んでいますが、

非常に値段が高くなかなか買えません。しかもナイロンだから長く着られないし。

 

本当に良いモノは確かに値段だけは高いかもしれませんが、

なぜその値段なのか?と言うのを考えると実はそこまで高いと思わないハズ。

例えば今回のレザーでポーランド産のダウンを使い日本製だと、

普通は20万円以上はします。

バックラッシュだから手に届くプライスで最高の品質のものを手に入れられる。

死ぬまで使うと思えばむしろ安いです。

 

買い物上手は「必要なことにお金をかける」、

ケチは「値段だけでしか判断しない」。

通っていたバイクのカスタム屋のオーナーに言われたこと。

そういったことを意識すると多くの粗悪品より少しの良いモノを揃えるようになります。

 

「流行り=流されて行くもの」を追うより普遍的なものを追ってみてはいかがでしょうか?