こんな時計がとても良いです

夜ですが少し仕入れの旅に行ってみました。


これぞ最高に面白い時計。

オリエント・グランプリスペシャル!!

こちらは1960年代の日本製の腕時計ですが、

こういうのを面白いって思えるようになるまでの道のりが長い。

僕は家を買えるぐらい時計にお金をつぎ込んだけど、

結局、時計も服も靴も何でもお金じゃないんです。

根底に「自分が楽しい」と思えなきゃ面白くとも何ともない。

何だかよくわからない義務めいたもので時計を買う人がいますが、

口を揃えて「失敗したくない」、「変なものを買いたくない」などなど…。

そうやって雑誌やネットで調べて買うんでしょうけど、

それって楽しい?

人のことなのでとやかく言いませんが、

自分が楽しいと思える買い物をした方が人生豊かじゃないでしょうか?

まぁそういった話はまたの機会に。

ところでこの時計ですがパッと見て分かる人にはわかるデザイン。

僕にはこのデザインがツボ過ぎて堪りません。

皆様、この時計どう思われますか?

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    岡田浩和 (金曜日, 30 6月 2017 23:07)

    ぱっと見パテック?

  • #2

    RegaloOrologio (土曜日, 01 7月 2017 11:04)

    岡田さん
    コメントありがとうございます。
    和製カラトラバなんて愛称で呼ばれるちょっとマニアックな時計です。
    デザインは意図してかせずか…
    文字盤はもちろんケースのエッジなんかは上手くできてます。
    個人的には10万円以下の時計でここまで雰囲気の良いものは少ないと思っております。